このブログを検索

2012年8月7日火曜日

Google Apps Scriptはどこに書く?


■Google Apps Scriptの入力場所

  さて、そろそろGoogle Apps Scriptとの奮闘記に入ろうと思います。
  そもそも、Google Apps Scriptはどこに書くのか?そこからスタートです。

  どうやら、Google Apps Scriptを書く場所は、幾つか準備されているようです。
  発見したのは、下記の3つ。

    (1)Googleスプレッドシートの中
        :Googleドライブ→Googleスプレッドシートを作成→ツール→スクリプトエディタ

    (2)GoogleドライブからScript作成
        :Googleドライブ→作成→もっと見る→スクリプト 

    (3)Googleサイトの中
        :Googleサイト→その他→ページを管理→Appsスクリプト



■(1)Googleスプレッドシートの中
  

  まず、Googleドライブを開いてスプレッドシートを作成します。

     

  次に、スプレッドシートのメニューにある「ツール」を押下し、「スクリプトエディタ」を選択します。



  新しくページが表示されたら、ここがGoogle Apps Scriptを入力する場所です!





■(2)GoogleドライブからScript作成


  まず、Googleドライブを開いて「作成」ボタン押下し、「もっと見る」の中にある
  「スクリプト」を選択します。



  「空のプロジェクト」か「ウェブアプリケーションとしてのスクリプト」かを選択します。


  
  「(1)Googleスプレッドシートの中」と同様のスクリプトを記入する画面が表示されます。


  ちなみに、「ウェブアプリケーションとしてのスクリプト」を選択すると、予め下記の
  スクリプトが書かれた状態のものが表示されます。



  このスクリプトは、

    『「Click Me」というボタンを作成し、そのボタンを押下すると「The button was clicked」
    という文字が表示される』

  プログラムのようです。


  (補足)
  「空のプロジェクト」か「ウェブアプリケーション・・・略」かを選択する画面にて、
  「チュートリアル」という選択項目があります。
  この中の任意のものを選択すると、Googleの特定サイトに行き、使い方の
  説明を見ることができます。
    ※ただし、英語です。。。。 


■(3)Googleサイトの中

  まず、既に作成しているGoogleサイトを開き、「その他」の中「サイトを管理」を押下します。



  左側にあるメニューの中の「Appsスクリプト」を選択します。



  「新しくスクリプトを追加」というボタンを押すと、スクリプトの入力画面が表示されます。
  



■それぞれの使い分け

  スクリプトを入力する場所が幾つも準備されているということは、それぞれに特長があり、
  用途に応じて使い分けることを前提とされているのだろうと思います。

  今のところ、
    Googleスプレッドシート上でスクリプトを実行する時 ・・・(1)
    スタンドアローンでWeb上でスクリプトを実行する時 ・・・(2)(3)
  が便利???
  という程度しかいまいちわかっていません~~~~~(汗)

  また、(2)(3)の方法でスクリプトを作成すると、他のスクリプト内で呼び出すことが
  できるのかな?と推測しています。


  うーん、この辺は今後お勉強しながら発見していく課題ですね。
  

  とりあえず、当面は(1)の方法で進めていこうかな~~と思っています。